児童手当・特例給付


ページID 1001383  更新日 平成29年5月16日


 児童手当・特例給付は国内に居住する(留学は除く)中学校修了前(15歳到達後最初の年度末)のお子さんを養育されている方に支給されます。

 手当を受け取るためには手続が必要です。手当の支給については、原則として手続した月の翌月分からとなります。ただし、手続した日が出生日(または認定請求者の転出予定日)の翌日から数えて15日以内の場合は、出生日(または転出予定日)の翌月からの支給となります。手続が遅れると手当をもらえない月が生じる場合がありますのでご注意ください。

児童手当・特例給付のQ&Aは下記をご覧ください。

子ども手当制度は平成24年3月に終了しました。

請求者

 父母が児童と同居の場合、父母のうち所得が高い方の名前で手続してください。振込先の口座名義や健康保険証などの添付書類も児童ではなく、その方のものとなります。
 児童と住民登録上または実態として別居している場合、児童が父母と同居していない場合、父母が18歳未満の場合、児童に未成年後見人がいる場合は手続の前にお尋ねください。

手続場所

(注)受付は平日午前8時30分から午後5時15分までです。
(注)土曜日・日曜日・祝日・年末年始・夜間や郵送での手当の手続はできません。
(注)受付時間内に来庁できない方は事前にお問い合わせください。

公務員の方勤務先で手続してください。(注)公益法人など派遣該当職員は除きます。

支給開始

出生の場合

 手続した月の翌月分から支給されます。翌月に手続した場合でも、出生の翌日から15日以内に手続すれば、出生した月に手続したのと同様に手続の月分(出生の翌月分)から支給されます。 お子さんがお生まれになった月に手続するか、お子さんが月末に生まれた場合など、翌月に手続する場合は生まれた日の翌日から15日以内に手続をしてください。
 市役所の開庁時間中に出生届を提出する場合は、同時に児童手当の手続ができますが、土曜日・日曜日・祝日・年末年始・夜間に出生届を提出する場合は、後日(出生の翌日から15日以内に)児童手当の手続が必要です。
 里帰り出産などで市外に出生届を提出した場合の手続先は、請求者の住民登録地となります。里帰り先の市町村では手続できませんのでお気を付け下さい。

転入の場合

 手続した月の翌月分から支給されます。翌月に手続した場合でも、転出予定日の翌日から15日以内の手続であれば手続した月分から支給されます。
 転入した月に手続するか、翌月に手続する場合は転出予定日の翌日から15日以内に手続をしてください。

(注)土曜日・日曜日・祝日・年末年始などの閉庁日を含めて、15日を数えます。15日目が休日など閉庁日のときは翌開庁日に手続をしてください。出生、転入の翌月に手続をした場合、これを過ぎると手当が支給されない月ができます。さかのぼることはできませんのでご注意ください。

手続に必要なもの

認定請求(初めての児童の出生や市外からの転入など)

    厚生年金等加入証明書の用紙は下記でダウンロードできます。

額改定認定請求(2人目以降の児童の出生の場合など)

印かん・・・朱肉を使う認印
(注)今までと同じ口座に振り込みます。

手当月額

 所得制限内の場合、手当の月額は18歳の年度末までの児童の人数と年齢により、次のとおり支給されます。所得制限限度額以上の場合は、「特例給付」として、当分の間、児童1人につき、月額5,000円が支給されます。
(所得制限については、下記をご覧ください。)

月額手当
18歳年度末までの児童(注1) 3歳未満(注2) 3歳以上小学生まで 中学生
1人目,2人目 15,000円 10,000円 10,000円
3人目以降 15,000円 15,000円 10,000円

(注1) 18歳に達する日以後最初の3月31日までの間にある児童の人数で数えます。

例)19歳、16歳、13歳、10歳のお子さんを養育されている場合

(注2)3歳になった翌月から1人目、2人目のお子さんの手当額が変わります。(特例給付の方は手当額の変更はありません。)

例1 1人目のお子さんが3歳の誕生日を迎えた場合

4月14日に3歳の誕生日→5月分から15,000円から10,000円に変更となります。

例2 3人目のお子さんが3歳の誕生日を迎えた場合

支給額に変更はありません。

(注3) 6月分からの手当額は、6月にお送りする現況届を提出して頂いた後、決定します。

支給日

(注)支給日が近くなったら、自宅に児童手当・特例給付口座振替案内書を送付します。
(注)手当の支給日一覧については、下記をご覧ください。

児童手当に関する手続

児童手当に関する手続は次のとおりですので、お早めに手続してください。 これ以外にも届出が必要な場合がありますので、児童の監護の状況に変更がある場合は下記にお問い合わせください。

現況届
認定請求書
額改定認定請求書
額改定届
受給事由消滅届
住所変更届
氏名変更届
金融機関変更届
(注)受給者名義のものでお願いします(児童など受給者以外の名義には変更できません

 金融機関変更届の用紙は下記からダウンロードできます。

(注)郵送での提出の場合は、市役所に届いた日を届出日とします。届出日によっては次回の振り込みに反映しない場合があります。詳しくは子育て支援課手当グループまでお問い合わせください。

 記入方法については下記をご覧ください。

(注)下記の状況に該当する場合は、支給要件に該当しない可能性があるため、必ずご連絡ください。

  1. 児童が国外に居住する
  2. 父母が国外に居住する
  3. 児童が施設に入所、里親などに委託される、指定発達支援医療機関に入院する
  4. 離婚協議中、または離婚し父母が住民登録上児童と別世帯になる
  5. 父母が児童手当を受給していて、未成年後見人が選任される

寄付について 

 児童手当の額の全部または一部の支給を受けずに、子育て支援に活かして欲しいという方は一宮市に寄付を行うことができます。 詳しくは子育て支援課にお問い合わせください。
(注)寄付の申し出の期限は児童手当の支払い期日の前月10日(10日が土曜日・日曜日・祝日の場合は翌日)です。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ウェブサイトをご覧ください。


子育て支援課 手当グループ
〒491-8501
愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎2階
電話:0586-28-9023
ファクス:0586-73-7701


[0] 一宮市公式ウェブサイト [1] 戻る

Copyright (C) City Ichinomiya, All Rights Reserved.