「おりひめ」木曽川が織りなす水


ページID 1014418  更新日 平成29年6月1日


木曽川の伏流水を使ったナチュラルウォーター


「おりひめ 木曽川が織りなす水」 できました。(平成28年7月より販売中)

「自然からの贈り物、清流木曽川の伏流水のおいしさを市民のみなさまにお伝えしたい!」
「水のペットボトルを通して、一宮をたくさんの人に知ってもらいたい!!」
そんな思いで、このプロジェクトは始まりました。

 伏流水ナチュラルウォーターとして5年間保存可能なボトルを製作できる業者を探し出し、上下水道部職員はもちろん、職員の家族まで巻き込んでボトルのデザインを熟考し、この「おりひめ 木曽川が織りなす水」はできました。

デザインについて

 デザインには、市の代表的な祭りである七夕まつりと真清田神社の竜神伝説をイメージして「天の川」と「昇り竜」を描き、ツインアーチ138、真清田神社、尾張一宮駅前ビル(i-ビル)、本町アーケード、市役所新庁舎をシルエットとして表現しました。
 また水の清涼感を出すために、全体的に透きとおった感じがするようなデザインとしました。
 

ペットボトルの製造過程

 このペットボトルは、原水に一宮市の伏流水水源のひとつである極楽寺水源の水を使用し、ろ過と加熱滅菌を行って製造日より5年間保存が可能なボトルとしました。長期保存が可能ですので災害用備蓄飲料水としてもご利用いただけます。

 

水質について

 「おりひめ 木曽川が織りなす水」の水質は、旧厚生省の「おいしい水の要件」をすべてクリアしています。また、水道水とは違い塩素消毒をしていませんので、水道特有の塩素のにおいもありません。
 冷やしてお飲みいただくと、より一層おいしくいただくことができます。

 どうぞ、一宮市自慢のペットボトル 「おりひめ 木曽川が織りなす水」をご賞味ください。


関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ウェブサイトをご覧ください。


計画調整課
〒491-8501
愛知県一宮市本町2丁目5番6号 一宮市役所本庁舎10階
電話:0586-28-8623
ファクス:0586-73-9252

施設保全課 水質管理グループ
〒491-0837
愛知県一宮市多加木5丁目32番53号 東部浄化センター
電話:0586-73-5487
ファクス:0586-73-3329


[0] 一宮市公式ウェブサイト [1] 戻る

Copyright (C) City Ichinomiya, All Rights Reserved.